鯉魚尺素

りぎょせきそ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石の話 その3
前略
紅葉も終盤に近づきましたね。私の町では蜜柑が黄色く色づき始めました。
石の話の続きを今回もお付き合い下さい。
今回は、少し貴重なコレクションをご覧頂きたいと思います。

1_convert_20081112203833.jpg

イチモンジタナゴとガクさんに頂いたマタナゴです。
本当は、背景の石の色との調和を考えて、イチモンジタナゴのブルーラインの婚姻色が出る頃に撮影したかったのですが・・・

この石は緑柱石(アクアマリン)の原石です。茨城県で採取したものです。
宝石の女王と言われるBerylと淡水魚の女王と言われる(私が勝手に思っているだけです)イチモンジタナゴを組合せてみました。

2_convert_20081112203931.jpg

緑柱石(Beryl)は、緑色のものがエメラルド、水色のものがアクアマリン、黄色のものがヘリオドール、赤いものがレッドベリル、ピンク色のものがモノガナイト、無色のものがゴシュナイトと呼ばれています。微量の混入元素の差により、結晶の色も違うのが特徴です。ちなみにアクアマリンは鉄を含んでいます。
この原石は、ズリを2mくらい掘り下げてやっと見つけたものです。見つけた時は本当に嬉しかったのを思い出します。

(最後に全ての石の話にコメントを頂いた方々に素敵な石のプレゼントをご用意させて頂きました。押入れの中から、すっかり忘れていた石のコレクションがたくさん出てきて嬉しかったので、おすそ分けです。超レアものですのでお楽しみに。)
  1. 2008/11/12(水) 21:06:29|
  2. 石の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

石の話 その2
前略
二日続けてのブログの書き込みに驚かれている方々もいるかと思います。
昨日の石の話の続きをさせて頂きたいと思います。

k4_convert_20081110204729.jpg

ヤリタナゴの銀鱗と赤い鰭を引き立たせる石だと思っています。
写真のピンク色の部分がバラ輝石です。愛知県で採取しました。

ひところは、日本各地で採掘されていたようです。
この石は美観を誇るモスクワの地下鉄の駅の柱にも使われているそうです。地表では紫外線と酸素の影響でマンガンの成分が黒く変色してしまうため、室内、特に地下鉄の柱に使用したのでしょうか。

k3_convert_20081110204457.jpg

バラ輝石はマンガン鉱の一種で、非常に硬い石です。採取の際にずいぶん苦労したのを思い出します。
このマンガン鉱の仲間で有名なものがパイロクスマンガン鉱とインカローズ(菱マンガン鉱)です。
この石を採取した愛知県の鉱山跡地でパイロクスマンガン鉱を探しているのですが、まだお目にかかる事ができません。ルビー以上の深い赤色を呈すると言われるパイロクスマンガン鉱をいつかは見つけたいと思っています。
インカローズは、アメリカでは結構人気のある石で、これを研磨したものが、日本の真珠と同じ程度の価格で販売されているそうです。どなたかアメリカに行かれた際には、ぜひお土産にインカローズの原石をお願いします。

重金属を含む鉱物は、魚にも悪影響を及ぼす事がありますので、水槽へ入れる前に一度調べてからのほうが良いかもしれませんね。




  1. 2008/11/10(月) 20:54:55|
  2. 石の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お久し振りです
前略
皆様お久し振りです。やっとブログの更新を手掛ける事ができました。
公私ともに超多忙な状態でしたが、何日ぶりかで自分の時間を持つことができました。
先週、きつねさんと『川のインストラクター講座』でお会いした際に、『河原で石の標本作る』という講義がありました。昔、会社の先輩に誘われるままに石の採取を手掛けた時期があったという話を、きつねさんにしながら、冬季のガサ休業期間中は、石と魚の話でブログを書こうかと思い立ちました。

k2_convert_20081109210228.jpg

今回ご紹介するのは、ガーネット(Almandine)です。
写真の赤い斑点部分が小さいながらもガーネットです。茨城県で採取しました。銀色の部分は雲母です。ペグマタイトの白が水槽の中でも美しい光沢を放っています。
アブラボテの飼育水槽内に2つほど原石を入れてありますが、石の白色とオリーブ色のアブラボテの色彩が妙にマッチしているようにも思えます。

2_convert_20081109211927.jpg
こちらが大きめの結晶写真です。薄明かりにかざした時の透けて見える深い赤色は宗教的な感じさえ受けます。日本では『石榴(ざくろ)石』と呼ばれていますが、ガーネットもラテン語で『ざくろ』を意味するそうです。現代より中世、古代と遡るほど高い評価を受けていたようです。

川に行くと色々な石が河原や水中に落ちています。少し注意して見ると、変った色のものや形のものが見つかるかと思います。気に入った石を水槽の中へ入れてみるのも楽しみの一つですね。

急に冷え込んできましたので、皆さん風邪を引かないように。草々
  1. 2008/11/09(日) 21:40:10|
  2. 石の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3




前のページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。