鯉魚尺素

りぎょせきそ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頑張れ中日ドラゴンズ
PA220338-1_convert_20081022193311.jpg

前略
我が中日ドラゴンズも着々とV2へ前進中です。
カワヨシノボリです。トウヨシノボリとの見分け方を最近になって『おすいぬ君』に伝授して頂きました。
なかなか背鰭を立てているところを撮影できず残念です。
1年以上飼育していますが、餌の時間に姿を見せません。何を食べているんだろうと不思議に思っています。
たまにしか姿を見せないので、水槽の中にいることを忘れてしまいそうです。

PA220340-1_convert_20081022210443.jpg
そういえば、こいつもチョロッと顔を見せるだけで、いつまでたっても懐きません。どうしたものか・・・
草々


  1. 2008/10/22(水) 19:46:26|
  2. 今週の魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

珍客
PA1503040_convert_20081015203917.jpg

前略
友人のG氏よりチョウセンブナを頂きました。
今のところ一番流れも少なく、蓋の付いている娘のプラティ水槽に居候させてもらっています。
娘は熱帯魚だと思い込んでいる様子。タイバラも以前間借りさせてもらったのですが、体色が元に戻ったら見破られました。泳ぎ方も優雅でプラティと混泳していても特に違和感の無いところが不思議です。
先日G氏より飼育方法を伝授して頂きました。小型水槽を増やそうか目下のところ検討中です。

PA1503110_convert_20081015202910.jpg

先日のアミメハギですが、2匹飼育方法の試験中です。
過去のクロダイ・コトヒキ・ハコフグなどの試験飼育結果と同様、酸素要求度が高い事、エサは浮遊系は見向きもしない事、運動性の無い事、水の汚れに強い事などが判明しました。会社帰りに水汲みを忘れないようにと思いつつ・・・やはりズボらな私にとって、これが一番のネックです。草々
  1. 2008/10/15(水) 21:00:58|
  2. 今週の魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カゼトゲタナゴ
2-1_convert_20081008202512.jpg

前略
金融危機も深刻ですね。私の財布の中はいつも月末は破綻状態ですが・・・。
カゼトゲタナゴが少し色づきはじめました。私の一番のお気に入りの魚です。
体色の赤・青ともに何とも言えない『和の色』、原色ではなく本当にまろやかな色合いです。
毎月ブログに掲載し、皆さんにも色変わりを楽しんで頂ければと思います。
ところでタナゴは、どうして二枚貝に産卵をするようになったのでしょうか?
どなたかご存知ならぜひ教えて下さい。草々
  1. 2008/10/08(水) 20:39:14|
  2. 今週の魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水槽風景
PA060087_convert_20081006211750.jpg PA060076_convert_20081006211840.jpg

前略
紅葉の記事が新聞に掲載されるようになりました。
先日のガサの帰りに友人のS氏より、私の水槽を見たいという奇特なご要望がありました。
全くもって恥ずかしい限りですが、一度皆さんにご覧頂き、ご意見ご要望を承りたいと思います。

【水草】
ミズニラ、コキクモ、ミズトラノオ、ヤナギモ、ホソバミズヒキモ、ミズタガラシ、ミズユキノシタ、ヒロハノエビモ、キャラバゴケ、ヒメミソハギ、ウナギツカミ
【魚】
ヤリタナゴ、セボシタビラ、イチモンジタナゴ、ミナミヌマエビ、ヌマエビ、ヒメヌマエビ、ミゾレヌマエビ、チリメンカワニナ、ヤマトカワニナ
【条件】
水温:20℃~なりゆき  換水:週1回 1/3できたらいいなぁ  
二酸化炭素:地球温暖化防止ため添加なし
トリミング:娘に指摘された時に行う
添加剤:特に何も

この悪条件でもミズニラの増殖、ヒメミソハギの水中葉化、コキクモ生育など奇跡に近い状態を維持しています。結局ADAの雑誌に掲載されているような水槽を目指されているアクアリストの方々からすれば『なんじゃこりゃ』というレベルですが、所詮、田んぼの雑草ですのでお許し下さい。草々



  1. 2008/10/06(月) 21:46:07|
  2. 今週の魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

P7130264_convert_20081001160533.jpg
前略
秋雨が続きます。寒暖の差も激しく体調管理に注意しようと思っています。
今回ご紹介させて頂くのは、ヤリタナゴです。
シルバーメタリックの流線型ボディー。精悍な顔。
自分のお気に入りの魚のひとつです。
近隣の河川にもごく少数が生息しています。
来年は繁殖にチャレンジしようと考えています。難しいかなぁ。
詳しい人がいたら教えてもらわなくちゃ。

3月に体が婚姻色に覆われる頃、もう一度ご紹介させて頂ければと思っています。
皆さんも風邪をひかないように気をつけてくださいね。草々


  1. 2008/10/01(水) 16:29:22|
  2. 今週の魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




前のページ | ホーム | 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。