鯉魚尺素

りぎょせきそ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石の話 その8
前略
すっかり冬めいてきましたね。あれこれ忙しくてなかなか水槽のメンテにまで手がまわらない状況ですが、水草水槽1号の水草を2ケ月程前にバッサリ枝打ちしました。
1_convert_20081130190119.jpg

水草のほうは、ロタラインディカ、キカシグサ、ロタラロトンディフォリア、グリーンロタラを密植してあります。水槽の水草栽培は密植が基本だと山崎美津夫先生からも教わっています(きつねさんのブログでも、取り上げていらっしゃいましたね)。
先日京都へ出張した際、久し振りに先生のところへ顔をだしたのですが、ミズワラビの水中化栽培が以前より難しくなったなどと話しておられました。

この60cm水槽の住人は、カゼトゲタナゴ・イトモロコ・ビリンゴ・カワバタモロコ・ドジョウ・・・なのですが、ガサで採取して持ち帰った後、なかなか餌付かずに心配していたウツセミカジカがようやく人慣れしてフレーク餌もなんとか食べてくれるようになりました。

2_convert_20081130190225.jpg

壊氾泥鰌さんドンコ将軍の飼育方法などをこっそり参考にさせて頂きました。

3_convert_20081130190320.jpg

確かに、憎めない顔をしていますね。こいつを見る度に『石の下?にも3年』という諺を思い出します。

さて今回の石ですが、ホタル石です。茨城県で採取したものです。
英名の『Fluorite』は、熔かすという意味だそうです。この石は溶鉱炉で利用されたりしています。
若干紫色を帯びた石でお気に入りの一つです。
ホタル石は、紫外線をあてると綺麗に蛍光発色します。初めてこれを見たのが小学生の時で、父親がどこからか手に入れたホタル石を家で紫外線ランプをあてて光らせてくれたときの感動を今でも忘れられません。

6_convert_20081130192527.jpg

8_convert_20081130190506.jpg

拡大してみるとホタル石の周囲に銀色の筋状の模様が見えます(写真判り難くて申し訳ありません)。
これは、輝水鉛鉱というモリブデンの鉱石です。この鉱石も万年筆のインクに今でも使われているそうです。

なんか今回はとりとめのない話になってしまいました。そうそう、淡水魚倶楽部静岡支部のコバちゃんが入院しているとの事です。一日も早いご回復をお祈り致します。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/30(日) 20:14:09|
  2. 石の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。