鯉魚尺素

りぎょせきそ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石の話 その7
1_convert_20081126153520_20081126154419.jpg

前略
私の車ですが、ディーゼルのため会社に着くまでにヒーター暖かくならないんですよ。毎冬の事ですがシートヒーターで何とか凌いでいます。
メダカとトルコ石です。ミスマッチですね。ウツセミカジカにしとけば良かったかなと後悔しています。
トルコ石は、身長210cm体重150㎏のアメリカの仕事仲間にお土産で頂きました。トルコ石ってアメリカのアリゾナ産が多いんです(どうしてトルコって名前になったのか調べておきます)
一般宝飾用のものは樹脂を染込ませ着色した『まがい物』が多いので注意して下さいね。

4_convert_20081126154155.jpg
上の写真は銅の原石と黄鉄鉱です。
黄鉄鉱はサイコロ型の金色の結晶を皆さんも一度は見たことがあるんじゃないかと思います。
海外では『愚か者の金』という名前が付いているそうです。
5_convert_20081126160607.jpg
銅の原石には、様々な二次鉱物が付着していて虫眼鏡で観察すると面白いですよ。
こういった金属を含む石は水槽の中にも入れることはできませんのでダンボール箱に入れたままになっています。もう一つ困った石のコレクションが下の写真のものです。
PB230364_convert_20081126154306.jpg
これは貝化石です。設楽層群と呼ばれる地層で中新世(大雑把に1000万年前)のものです。
三河のド山奥(三河弁)が昔、海岸だったのですね。
この地層よりもう少し新しい地層が浜名湖の東岸や三ケ日にあります。ナウマンゾウ・ワニ・トラなどの骨が見つかっています。息子と一度採取に行ったのですが、その時も貝化石しか採れませんでした。
静岡県にも掛川に有名な『掛川層群・大日層群』があります。
少し暖かくなったらコバちゃん誘って、サメの歯を探しにいってみようかな。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/26(水) 16:48:09|
  2. 石の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。