鯉魚尺素

りぎょせきそ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石の話 その4
前略
最近、土曜日・日曜日と天気が崩れる事が多く、なかなか屋外で活動ができませんね。

B1.jpg

この石の名前、忘れちゃったんですよ。なんていったのかな~。確かカオリナイトの仲間だったと思うのですが・・・栃木県の那珂川の源流に近い所で採取しました。
魚のほうはカゼトゲタナゴです。体側のブルーラインとこの石の青色が同じ色なんですよ。
誰かこの石の名前を知っている人がいましたら、ぜひ教えて下さいね。

B2.jpg

【川のインストラクター養成講座・河原の石の標本】
先日、きつねさんと参加した講習会で採取した興津川の河原の石です。堆積岩が多いですね。
川を通して上流部の地層や周辺の地殻変動などを知る事ができるという事を久し振りに思い起こさせて頂きました。
県内の河川も東部、中部、西部では全く石の種類も異なります。
特に伊豆半島、愛知県と静岡県の県境などに面白い石が多いように感じます。

B3.jpg

【石榴石 拡大】
主に日本で輝石と呼ばれる鉱物が採取できるのがペグマタイト・熱水鉱床などです。
B4.jpg

残念ながら静岡県内では、このような綺麗な石は採取できませんが、珍しい石は色々と採取できるので来年からはガサを兼ねて、水草採取と鉱物採取も楽しんでみようかと思っています。
誰か一緒に行ってくれないかな~。



スポンサーサイト
  1. 2008/11/16(日) 19:25:33|
  2. 石の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。